世界・日本の幸せニュース

ホーム > 世界・日本の幸せニュース > 日本政府、リオ+20成果文書への提案に「幸福度」の考えを盛り込む

日本
2011.11.22

日本政府、リオ+20成果文書への提案に「幸福度」の考えを盛り込む

(外務省より)

外務省が10月31日に発表した、国連持続可能な開発会議(リオ+20)成果文書へのインプットのなかで、日本政府がGDP以外の豊かさの基準として「幸福度」を提案したことが明らかになった。

「リオ+20」は、1992年にブラジル・リオデジャネイロで開催された「環境と開発に関する国連会議」(通称リオ・サミットまたは地球サミット)の20周年となる2012年に開催される。同会議には各国の首脳レベルの出席が見込まれ、特に「持続可能な開発及び貧困根絶の文脈におけるグリーン経済」と「持続可能な開発のための制度的枠組み」の2点を中心に議論される予定。

同提案では、「持続可能な開発を実現するためには、環境・社会・経済それぞれの側面での持続可能性を考慮する必要がある」とし、従来のようにGDPのみで国の豊かさを測るのではなく、「幸福度」のような新たな指標の策定も視野に入れるべきだとしている。


新着ニュース一覧

Page Top