幸せ研ニュース

ホーム > 幸せ研ニュース > 読書会・セミナー > (1月21日開催)【音声受講受付中】『1冊でわかる経済学』を読む

2016.01.22
読書会・セミナー
現在募集中
音声講座

(1月21日開催)【音声受講受付中】『1冊でわかる経済学』を読む

読書会を音声で学んでみませんか

 

201601.jpg【第50回】
 
開催日:2016年1月21日(木)

課題書:1冊でわかる経済学

       パーサ・ダスグプタ (著)




 

本読書会は音声と資料をご自身のパソコンにダウンロードしていただくことが可能です。いつでもどこでも、ご自身のペースに応じて学んでみませんか。

ご希望の際は事務局までお申し込みください。

■受講料
3,000円(税別)
※学生(除く企業の社会人学生)の方は1,500円(税別)です

■お送りするもの
・音声(MP3)
・講義資料(PDF)
※いずれもメールでダウンロードのご案内をさせていただきますので、インターネット環境をご準備ください。郵送でのお届けはございません。

■お申し込み方法
下記の項目をお書き添えのうえ、Inquiry@ishes.org まで、ご送信ください。

受付確認後、お振り込み口座をお知らせいたします。
入金確認をさせていただきましたら、ダウンロードのご案内をさせていただきます。
-----------------------------------------------
件名:○月の読書会の音声受講を申込みます
お名前:
メールアドレス:
お電話番号:
※学生受講の有無
-----------------------------------------------
【備考】
※お申し込み後、一週間たちましても返信が届かない場合は、インターネットの送受信にトラブルがあることも考えられますので、ご一報いただきますようお願い申し上げます。 


読書会レポート

幸せについて考える時に、格差や環境の問題はとても大きな問題です。
課題書の著者、ダスグプタ氏は2015年の旭硝子財団のブループラネット賞の受賞者です。

読書会では、豊かな世界と貧しい世界をわけている構造的な問題や、GDPばかりに注目していると、「生産的基盤」が収縮して持続可能性が損なわれている可能性があることなどを中心に学びました。

CIMG1325-2.jpg

例えば漁場では、魚を捕りすぎると、ある時、急に魚が捕れなくなることがあります。生産的基盤には、漁場などの自然資本も入ります。このように急に変化する可能性がある自然資本を考慮することは、持続可能性を考えるにあたって重要です。


多くの経済学者は、地球の環境がずっと変わらないものとして計算を行なっています(専門的には、経済の計算で用いられる「割引率」の問題が関係します)。しかし地球の環境は着々と変わっているのです。

(この文章は、読書会で取り上げた内容を中心にまとめたものです)

 

お問い合わせ

幸せ経済社会研究所 (有限会社イーズ内)
担当:横山
Tel: 03-5426-1128  Fax: 03-6413-3762
E-mail: Inquiry@ishes.org

 

 

 

新着ニュース一覧
 

Page Top