幸せ研ニュース

ホーム > 幸せ研ニュース > 読書会・セミナー > 【音声講座受付中】幸せと経済と社会について考える読書会『シェアリングエコノミー Airbnb、Uberに続くユーザー主導の新ビジネスの全貌』を読む

2017.02.24
定例読書会
現在募集中

【音声講座受付中】幸せと経済と社会について考える読書会『シェアリングエコノミー Airbnb、Uberに続くユーザー主導の新ビジネスの全貌』を読む

201704.jpg【第65回】

開催日:2017年4月19日(水)


課題書:『シェアリングエコノミー』(著:アルン・スンドララジャン)

 

 

本読書会は音声と資料をご自身のパソコンにダウンロードしていただくことが可能です。
いつでもどこでも、ご自身のペースに応じて学んでみませんか。

ご希望の際は事務局までお申し込みください。


幸せ経済社会研究所では毎月1回、読書会形式の勉強会を開催しています。

4月は、今後の経済や社会、幸せや働き方を考える上での大事な要因である
「シェアリングエコノミー」をテーマに取り上げます。

シンガポール出張時に20代の学生と話していて、「配車サービスのウーバーが非常に人気」と聞き、「日本では、ウーバーもエアビーアンドビーも、業界の反対が強く、規制の対象になっていて、広がっていない」と言ったら、「本当?!信じられない~」とびっくりされました。

日本はこれからというところですが、世界ですでに進んでいるさまざまなシェアリングエコノミーの事例とその本質を学び、それが私たちの経済や社会、働き方をどのように変えていくのか、そして、その変化は私たちの幸せにどのような影響を与える可能性があるのかを考えていきます。

近い未来を考える本当によい機会になると思います。お待ちしています。

枝廣淳子

※本読書会は東京都市大学とPOZI(株式会社東急エージェンシープロミックス内)との共催で開催しました

 

講師

枝廣淳子(幸せ経済社会研究所所長、東京都市大学教授)

 

ご参加者にいただいたコメント

■シェアリングエコノミーを持続可能性の観点から解説していただき、理解が深まった。

■過去と現代を比較して現代社会の変容を参加者と議論していくうちに各回でキーワードとなったことが重複していることに気づきました。「信頼」「コミュニティ」「地域通貨」「ネット社会(クラウド)」「シェア(共有)」など。なんとなく感じている社会の雰囲気、空気、構造をいろんな著者の視点から分析して解き明かしていく過程がとても面白いです。

■本の解説にとどまることなく枝廣さんの意見をきくことができて大変有意義でした。また、周りのかたと意見交換ができ、幅広く本を理解する役に立ったと思います。

■久々の参加でしたが盛りだくさんで内容のあるお話、討議ができ充実した時間でした。

 

お申し込みについて

■受講料
3,000円(税別)
※学生(除く企業の社会人学生)の方は1,500円(税別)です

■お送りするもの
・音声(MP3)
・講義資料(PDF)
※いずれもメールでダウンロードのご案内をさせていただきますので、インターネット環境をご準備ください。郵送でのお届けはございません。

■お申し込み方法
下記の項目をお書き添えのうえ、Inquiry@ishes.org まで、メールでご送信ください。

受付確認後、お振り込み口座をお知らせいたします。
入金確認をさせていただきましたら、ダウンロードのご案内をさせていただきます。
-----------------------------------------------
件名:○月の読書会の音声受講を申込みます
お名前:
メールアドレス:
お電話番号:
※学生受講の有無
-----------------------------------------------
【備考】
※お申し込み後、一週間たちましても返信が届かない場合は、インターネットの送受信にトラブルがあることも考えられますので、ご一報いただきますようお願い申し上げます。

 

これまで開催した読書会

こちらをご覧ください

 

お問い合わせ

幸せ経済社会研究所 (有限会社イーズ内)
Tel: 03-5426-1128  Fax: 03-6413-3762
E-mail: Inquiry@ishes.org

新着ニュース一覧

Page Top