イーズについてのご案内です。
有限会社イーズについて
企業・組織の方へ

世界・日本の幸せニュース

ホーム > 世界・日本の幸せニュース > エデルマン・トラストバロメーター:政府・企業・メディア・NGOへの人々の信頼、日本は世界よりも低い

世界
2017.07.28

エデルマン・トラストバロメーター:政府・企業・メディア・NGOへの人々の信頼、日本は世界よりも低い

 エデルマン・トラストバロメーター:政府・企業・メディア・NGOへの人々の信頼、日本は世界よりも低い

Photo by midorisyu Some Rights Reserved.
https://www.flickr.com/photos/midorisyu/14364152590

(エデルマンより)

世界的なPR会社のエデルマンは、2017年1月15日に『2017エデルマン・トラストバロメーター』を発表しました。これは、世界28カ国、3万3,000人以上を対象に行った、政府、企業、メディア、NGOの各組織への信頼などに関する調査結果をまとめたものです。

調査によると、これらの組織への信頼は世界的に低下しています(※)。信頼度が低かったのは政府とメディアで、政府を信頼している回答者は41%(前年から1ポイント下落)、メディアを信頼している回答者は43%(前年から5ポイント下落)でした。なお、企業は52%(前年から1ポイント下落)、NGOは53%(前年から2ポイント下落)と、半数程度の回答者が企業とNGOを信頼しています。

また、日本の結果からは、世界平均に比べて各組織を信頼している回答者が少ないことがわかりました。日本で信頼している人が最も少なかったのは、NGOで31% でした。ついでメディアの32%、政府の37%、企業の41%が続きます。最も信頼されている企業でも43%と、企業を信頼している回答者は半数以下でした。

なお、「企業の情報をCEOから聞いた場合、その情報をどの程度信頼できるか」という質問に対して、「極めて信頼できる」「非常に信頼できる」と回答した人も日本は18%と世界最低でした(世界平均は37%)。ここから日本は組織だけではなく、リーダーへの信頼も低いことがわかります。

※この調査では、政府、企業、メディア、NGOについて、「あなたは各組織や機関を正しい行いをするという点についてどの程度信頼していますか」という質問から回答を得ています。


(新津 尚子)

新着ニュース一覧

Page Top