次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

(オックスファムより)

開発金融インターナショナル(Development Finance International : DFI)とオックスファムは2017年7月、世界152カ国の「政府の不平等縮小への関与」を順位付けした指数を発表しました。初となる「格差縮小コミットメント」(Commitment to Reducing Inequality : CRI) 指数のベータ版です。

CRI指数では、経済的不平等を縮小する政策のうち「教育・保険・社会保障への社会支出」「税制」「労働政策」の3領域について、政府の取り組みを測定しています。

結果は、1位がスウェーデン、2位がベルギー、3位がデンマークと、OECD諸国が上位を占めています。ただし報告書によると、豊かな国にも、さらに累進課税を進めるといった改善の余地があるとのことです。

CRI指数と伝統的な不平等指標との相違点をよく表す結果となったのはナミビアです。ナミビアは最も経済的不平等が大きな国の一つであるにもかかわらず、CRI指数は152カ国中40位と、アフリカ諸国でも上位に入りました。これはCRI指数が、不平等そのものではなく、ナミビア政府の不平等解消への関与――特に高いレベルの社会支出(中等教育の無償化)と、もっとも累進的な税制――を反映しているためです。

なお、日本は152カ国中11位。内訳をみると、「教育・保険・社会保障への社会的支出」は7位、「税制」は43位、「労働政策」は4位と、税制の順位が低いことがわかります。

(新津 尚子)

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム
第30回東京国際映画祭クロージング作品「不都合な真実2 放置された地球」11月7日(金)

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:2月22日(木) 18:30~

会場:東京都台東区浅草橋

●課題書図書
『アメリカ経済政策入門――建国から現在まで』(著:スティーヴァン・S・コーエン、J・ブラッドフォード・デロング)

定員:先着10名限定

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

有限の世界で、幾何級数的な成長が永遠に続くと思っているのは、狂人かエコノミストのどちらかだ。

ケネス・ボールディング(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

新・幸福論: 「近現代」の次に来るもの (新潮選書)
新・幸福論: 「近現代」の次に来るもの (新潮選書)

日本はなぜ「幸せでも不幸でもない社会」となってしまったのか?政治、経済、思想―近現代の先進諸国は常に「目標」を設定し、そこに向かって突き進んできた。到達すること...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
POZI

Page Top