イーズについてのご案内です。
有限会社イーズについて
企業・組織の方へ
次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

加速する北米のベーシック・インカムの実証実験 すでに110地域で実施!

Map of Universal Basic Income Experiments.
https://basicincome.stanford.edu/experiments-map/

現在、北米では多くの地域でベーシック・インカムの実証実験が行われています。

スタンフォード大学の「ユニバーサル・ベーシック・インカム実験および関連プログラム」マップによると、2022年11月時点で、ベーシック・インカムの実験数は、すでに終了したものを含めると110地域に及びます。また現在は41地域で実験が行われています。

ユニバーサル・ベーシック・インカムとは、「すべての人に無条件に一定の所得が与えられる」ものです。ただし、このマップで紹介されている実験には、ターゲットを絞っているプロジェクトも含まれています。

具体的にはどのようなプロジェクトが行われているのでしょうか。米国のうち、9つと最もたくさんの取り組みが現在行われているカリフォルニア州の実験の概要を紹介しましょう(表1)。

i_news_20221122_02.jpg(クリックで拡大表示)

同州の取り組みをみると、参加人数(ベーシックインカムの受給者)は小規模なものでは25名から、大規模なものでは1000名までと、プロジェクトによって大きく異なります。金額も月に300ドルから1,000ドルまで、支払期間は12ヶ月から36ヶ月までと様々なバリエーションがあることがわかります。ターゲットについては、18歳以下の子どもがいる世帯を対象にしたものが多いほか、LGBTの方や有色人種の方といった社会的弱者を対象にしたものがあります。

スタンフォード大学によると、これから実証実験をスタートするプログラムも複数あるとのこと。この流れは今後も続きそうです。

(新津 尚子)

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:2022年11月28日(月) 18:30~20:30
会場:オンライン
●課題書:『これからの幸福についてー文化的幸福観のすすめ』(著:内田由紀子)

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

「成長に殺されるまで成長し、自分の葬儀代をさらなる成長として計上せよ」というルールからは卒業しなくてはならない。

ハーマン・デイリー(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

これからの幸福について―文化的幸福観のすすめ(新曜社)
これからの幸福について―文化的幸福観のすすめ(新曜社)

文化心理学と幸福に関する21世紀以降の国内外の研究知見から、地球規模で考え地域視点で見つめ直す、ポスト・グローバリズム時代の幸福像。 (amazon.co.jp...

続きを読む

参考リンク

WEALL(幸福経済アライアンス)
WEALL(幸福経済アライアンス)

幸福経済アライアンスは、新しい経済運動に関する長期的な取り組みを基盤として、経済の枠組を成長至上主義から離し、協力と繁栄の共有へと移行させる可能性を実証する既存の取り組みや、新たな取り組みを拡大することを目指します。
※参考情報(幸せニュースより)
「幸福経済アライアンス」立ち上げられる
https://www.ishes.org/happy_news/2018/hpy_id002552.html

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
一般社団法人 東洋と西洋の知の融合研究所
POZI

Page Top