次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

(レガタム研究所より)

英国シンクタンクのレガタム研究所が2018年11月に発表した2018年度版「レガタム繁栄指数」によると、世界は繁栄し続けており、過去5年間の113カ国で繁栄指数が上昇しています。多くの国で起業しやすくなっており、女性の国会議員数の割合が増加しています。また、絶対的貧困率が低下しました。

しかし、今回の繁栄指数で見た国の格差は2007年の測定開始から最も広がっていることが明らかになりました(最高スコアはノルウェーの80.98、最低スコアはアフガニスタンの36.92)。さらに安全・治安が引き続き悪化しており、特にサハラ以南のアフリカと中東・北アフリカで顕著になっています。ほかにも世界で食糧を満足に買えない人の割合が2008年の25%から2018年は33.3%に増加。テロリズムで死亡する人は2008年には100万人に1.09人だったのに対し、2018年は同3.82人と増加しています。

今回の繁栄指数は世界149カ国を対象に、「経済の質」「ビジネス環境」「統治」「教育」「健康」「安全・治安」「個人の自由」「自然環境」「社会関係資本」の9の項目のスコアをもとにランク付けされています。今回1位はノルウェー。日本は23位(前年も同じ)で、「安全・治安」(2位)、「健康」(3位)で評価が高い一方、最も低い項目が「社会関係資本」(99位)となりました。

※社会関係資本では、対人関係の強さ、社会ネットワークのサポート、社会規範、市民参加などを測定しています。

(佐々 とも) 

輝く未来の仕事に必要なこと

輝く未来の仕事に必要なこと

2019.03.11
日本  世界
 
「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:2019年4月23日(火) 18:30~

会場:東京都内

●課題書図書
『サブスクリプション』(著:ティエン・ツォ/ゲイブ・ワイザード)

定員:先着20名

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

「成長に殺されるまで成長し、自分の葬儀代をさらなる成長として計上せよ」というルールからは卒業しなくてはならない。

ハーマン・デイリー(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

サブスクリプション (ダイヤモンド社)
サブスクリプション (ダイヤモンド社)

サブスクリプションは単なる課金形態の変更ではなくビジネスモデルの変革である―サブスクリプション・ビジネスの支援で世界をリードするZuoraの創業者兼CEOが初め...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
一般社団法人 東洋と西洋の知の融合研究所
POZI

Page Top