イーズについてのご案内です。
有限会社イーズについて
企業・組織の方へ

世界・日本の幸せニュース

ホーム > 世界・日本の幸せニュース > 2017年の「地球の自然予算を使い果たした日」は8月2日:これまでで最も早い日付

世界
2017.08.09

2017年の「地球の自然予算を使い果たした日」は8月2日:これまでで最も早い日付

2017年の「地球の自然予算を使い果たした日」は8月2日:これまでで最も早い日付

Photo by JD Hancock Some Rights Reserved.
https://www.flickr.com/photos/jdhancock/3653177703

米国カリフォルニア州オークランド発―2017年6月27日、グローバル・フットプリント・ネットワーク(GFN)は、今年の「地球の自然予算を使い果たした日(アース・オーバーシュート・デー)」を8月2日に設定しました。アース・オーバーシュート・デーとは、人類の自然に対する年間の需要が、その年に地球が再生できる量を上回る日のことです。

1997年には9月の終わりだったアース・オーバーシュート・デーは年々早まり、今年の8月2日は、1970年代初頭に世界が初めてオーバーシュートして以来、最も早い日付です。言い換えれば、今日、人間は生態系が再生する1.7倍の速さで自然を消費している(地球1.7個分で暮らしている)ということです。

この消費超過コストは、世界中で、森林破壊、干ばつ、水不足などの形となり、ますます明らかになってきています。

しかし、私たちはこの流れを反転させることができます。この日付を毎年4.5日ずつ戻せば、2050年には地球1個分の使用に戻れます。GFNでは、アース・オーバーシュート・デーに注目するよう、今日行動できる可能性を強調し、その影響を推定しています。例えば、世界中で食品廃棄物を50%削減すれば11日戻すことができ、世界のエコロジカル・フットプリントのカーボン要素を50%削減すれば、89日戻すことができるのです。

「地球には限りがありますが、人類の可能性には限りがありません。地球1個分で暮らすことは技術的に可能で、財政的にも有益で、繁栄する未来にとって唯一のチャンスです」とGFNのCEOであるマティース・ワケナゲルは語っています。喜ばしいことに、GFNの最近のデータには、私たちが正しい方向に進み始めている兆しも見えています。

新着ニュース一覧

Page Top