参考図書

ホーム > 参考図書

参考図書&リンクのトップカテゴリーです。
参考図書
リンク

参考図書

経済の本質-自然から学ぶ

経済の本質-自然から学ぶ

エコロジーとエコノミーの語源が同じように、経済と自然には共通する法則が働いている。ユニークな着眼点から経済における多様性、自立的発展の重要性など、経済を見る目、...

続きを読む

経済と人類の1万年史から、21世紀世界を考える

経済と人類の1万年史から、21世紀世界を考える

"経済成長"は、人類を"幸せ"にしたのか?ヨーロッパを代表する経済学者による、欧州で『銃・病原菌・鉄』を超えるベストセラー! いかに経済が、文明や社会を創ってき...

続きを読む

 
評価と贈与の経済学

評価と贈与の経済学

本書で示されるのは、新しい「交易」と「共同体」のありかただ。貨幣も、情報も、評価も、動いているところに集まってくる。ならば、私たちはどのような動きをする集団を形...

続きを読む

ワーク・シフト 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>

ワーク・シフト 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>

◆著者紹介 リンダ・グラットン(Lynda Gratton) ロンドン・ビジネススクール教授。 経営組織論の世界的権威で、英タイムズ紙の選ぶ「世界のトップビジネ...

続きを読む

 
限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭

限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭

資本主義からシェアリング・エコノミーへ デジタル革命の真のインパクトを読み解く 第三次産業革命のブレーンが描く、衝撃の未来図! いま、経済パラダイムの大転換が...

続きを読む

ロボットの脅威 ―人の仕事がなくなる日

ロボットの脅威 ―人の仕事がなくなる日

急速に進歩する情報技術がもたらす人工知能、ロボット、ソフトウェアの進化は大量の失業、所得格差の一層の拡大をもたらし、経済、社会に破壊的な影響を与えずにはおかない...

続きを読む

 
世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方-ハーバード、Google、Facebookが取りくむマインドフルネス入門

世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方-ハーバード、Google、Facebookが取りくむマインドフルネス入門

絶えず流れる情報、増え続ける仕事量の中、あなたは目の前の仕事に100%心を注げているでしょうか? 溢れる情報、仕事に振り回され、〝本来やるべきこと〟に集中できな...

続きを読む

決定版 集中力-人生を自由自在に動かす最強の力

決定版 集中力-人生を自由自在に動かす最強の力

仕事のプレゼン、大切な試験、恋愛、人間関係など、誰でも「うまくいきたい! 」「成功したい! 」と思うことがあるでしょう。 そこで自分の力を最大限に引き出す方法、...

続きを読む

 
フォーカス

フォーカス

全世界500万部の大ベストセラー『EQ 心の知能指数』著者 ゴールマンの最新作、待望の邦訳刊行! スポーツや勉強においても、ビジネスの場においても、成功の最大...

続きを読む

善と悪の経済学

善と悪の経済学

2008年のリーマンショックを機に、経済学への信用は失墜した。 経済学は、いつから、どのようにして象牙の塔の学問となったのか? 失われた信用を取り戻すために、経...

続きを読む

 
世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠

世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠

世界各地でさまざまな対立や紛争が起きているが、その背景には、グローバル化や行きすぎた自由主義による格差拡大と社会の分断にある。超巨大格差はいかに生まれ、今後、ど...

続きを読む

1冊でわかる経済学

1冊でわかる経済学

地球全体を見渡したとき、世界に豊かな地域と貧しい地域が存在し、その途方もない格差が消えないのはなぜなのか。持続可能な経済発展、自然資源の問題を経済学はどう捉える...

続きを読む

 
幸せを科学する―心理学からわかったこと

幸せを科学する―心理学からわかったこと

この本を読めば幸せになれるほど、人生は甘くない。しかし、幸せへのヒントはたくさんある。幸せに関する最新の心理学研究の成果。(amazon.co.jpより)...

続きを読む

「幸せ」の経済学

「幸せ」の経済学

"成長"で日本は幸せになれるのか? 今日の日本が、20世紀後半以降のような"成長"を望むことはもはやできないという現実を素直に認め、次に「幸せになるには、まず成...

続きを読む

 
レジリエンスとは何かー何があっても折れないこころ、暮らし、地域、社会をつくる

レジリエンスとは何かー何があっても折れないこころ、暮らし、地域、社会をつくる

レジリエンスとは「しなやかな強さ」と訳します。 強い風にも重い雪にも、ぽきっと折れることなく、しなってまた元の姿に戻る竹のように、「何かあってもまた立ち直れる力...

続きを読む

地域力の時代ー絆がつくる幸福な地域社会

地域力の時代ー絆がつくる幸福な地域社会

全国の自治体に先駆けて荒川区民総幸福度(グロス・アラカワ・ハッピネス:GAH)の研究に取り組んでいる荒川区の地域力に関する具体的な事例や取り組み、提言を記した一...

続きを読む

 
レジリエンス・ビルディングー「変化に強い」人と組織のつくり方

レジリエンス・ビルディングー「変化に強い」人と組織のつくり方

「メンタルヘルス対策」を超えた組織づくりを求める経営者・マネジャー・人事担当者必見! グローバル化、災害や不況、新規事業の立ち上げ...... 一人ひとりが次々...

続きを読む

未来企業 レジリエンスの経営とリーダーシップ

未来企業 レジリエンスの経営とリーダーシップ

世界が変わる。働き方が変わる。 企業が変わる。真の「働きがい」を求めて。 『ワーク・シフト』のリンダ・グラットン教授が日本の読者に送る、新たなメッセージ。 世界...

続きを読む

 
レジリエンスの教科書 逆境をはね返す世界最強トレーニング

レジリエンスの教科書 逆境をはね返す世界最強トレーニング

米国の名門ペンシルベニア大学で効果検証され、教育機関から企業、軍隊まで劇的な成果を上げ、各界で話題となってきた世界最高峰のメンタル訓練法「ザ・レジリエンス・トレ...

続きを読む

宇沢弘文の経済学 社会的共通資本の論理

宇沢弘文の経済学 社会的共通資本の論理

「本書には、先生の著作をほぼすべて読破している筆者にさえ新鮮な論考がふんだんに収められている。したがって、これまでに先生の著作をいくつか読んだ読者にも新しい発見...

続きを読む

 
フロー体験 喜びの現象学

フロー体験 喜びの現象学

幸福、喜び、楽しさ、最適経験などの現象学的課題の本質を心理学、社会学、文化人類学、進化論、情報論を駆使し、原理的、総合的に解明する。マズローの自己実現の概念を超...

続きを読む

幸福の研究―ハーバード元学長が教える幸福な社会

幸福の研究―ハーバード元学長が教える幸福な社会

結婚の幸福感は2、3年しか続かない? 給料が増えても幸せになれない? 幸福度を重視すると政策も変わる? 子育てしても幸福感は高まらない? 格差の拡大は幸福感に影...

続きを読む

 
発展する地域 衰退する地域-地域が自立するための経済学

発展する地域 衰退する地域-地域が自立するための経済学

大都市の気ままな流行りや、公共事業、工場誘致に頼るのはもう終わりにしよう! それぞれの地域が持つ財を利用し、住民の創意を生かした活動をしない限り、経済的発展はな...

続きを読む

人口減少時代のまちづくり-21世紀=縮小型都市計画のすすめ

人口減少時代のまちづくり-21世紀=縮小型都市計画のすすめ

百年後、日本の人口は3分の1に―。「人口減少」は衰退につながる―として、ほとんどの自治体計画はいまだに人口増を想定している。そうではなく、人口減少を前提条件とし...

続きを読む

 
農山村は消滅しない

農山村は消滅しない

増田レポートによるショックが地方を覆っている。地方はこのままいけば、消滅するのか? 否。どこよりも先に過疎化、超高齢化と切実に向き合ってきた農山村。311以降、...

続きを読む

田舎力~ヒト・夢・カネが集まる5つの法則

田舎力~ヒト・夢・カネが集まる5つの法則

「ないないづくし」にあえぐ地方の中から、都会もうらやむ活力と雇用を創出する田舎が出てきた。地域おこしの成否は、いったいどこで決まるのか。全国800の農山漁村をま...

続きを読む

 
 地方消滅-東京一極集中が招く人口急減

地方消滅-東京一極集中が招く人口急減

このままでは896の自治体が消滅しかねない――。 減少を続ける若年女性人口の予測から導き出された衝撃のデータである。 若者が子育て環境の悪い東京圏へ移動し続けた...

続きを読む

幸せのメカニズム 実践・幸福学入門

幸せのメカニズム 実践・幸福学入門

幸せはコントロールできる!脳・ロボット学者が解き明かす、そのしくみ。個人の幸福追求、幸せにつながるビジネスのために。人類にとって役に立つ、学問としての体系的幸福...

続きを読む

 
ポジティブ心理学の挑戦

ポジティブ心理学の挑戦 "幸福"から"持続的幸福"へ

ポジティブ心理学の可能性は、個人の幸福にとどまるものではない。 教育、経済、医療、公共政策など、社会の構造そのもの対して、セリグマンはポジティブ心理学を通して働...

続きを読む

経済学は人びとを幸福にできるか

経済学は人びとを幸福にできるか

2003年刊の底本『経済学と人間の心』(四六版上製)の新装版。 著者は市場メカニズムや効率性の重視に偏った考え方を批判し、人間の尊厳や自由を大切にした経済社会の...

続きを読む

 
新 クリエイティブ資本論ー才能が経済と都市の主役となる

新 クリエイティブ資本論ー才能が経済と都市の主役となる

2002年にフロリダが「クリエイティブ資本論」の原著を記してから、早くも10年が経った。 当時非常識とされていた、クリエイティブ・クラスの台頭、都市経済の再生、...

続きを読む

成長停滞から定常経済へ-持続可能性を失った成長主義を超えて

成長停滞から定常経済へ-持続可能性を失った成長主義を超えて

自動車・電機など耐久財に主導された成長が石油危機(資源制約)と需要飽和で停滞に陥り、成長主義を継いだ土建・金融バブル(日本)、金融証券バブル(米欧)が不良債権の...

続きを読む

 
経済学の犯罪ー稀少性の経済から過剰性の経済へ

経済学の犯罪ー稀少性の経済から過剰性の経済へ

今日のグローバル経済危機の根源には、私たちが現在「正しい」と思っている市場主義経済学の現実離れした理論があった。アダム・スミス、マックス・ウェーバー、そしてケイ...

続きを読む

「定常経済」は可能だ!

「定常経済」は可能だ!

温暖化の進行や生物多様性の危機、世界に広がる水や食料の不足、繰り返し起こる経済のバブル(次のリーマン・ショックがいつ起きてもおかしくない状況ですよね)、貧困や格...

続きを読む

 
ソーシャルシフト~これからの企業にとって一番大切なこと

ソーシャルシフト~これからの企業にとって一番大切なこと

ソーシャルメディアが誘起した「ビジネスのパラダイムシフト」が企業を襲う。 力を持った顧客、力を持った社員に、従来型のマーケティングやマネジメントは通用しない。 ...

続きを読む

影響力の武器~なぜ、人は動かされるのか

影響力の武器~なぜ、人は動かされるのか

著者は、セールスマン、募金勧誘者、広告主など承諾誘導のプロの世界に潜入。 彼らのテクニックや方略から「承諾」についての人間心理のメカニズムを解明。 情報の氾濫す...

続きを読む

 
イノベーションの普及

イノベーションの普及

本書は初版刊行時から40年を経て現在第5版。 5,000以上の文献の分析を重ね、最新の研究やトピックを盛り込み、「イノベーションはどのように伝播していくのか?」...

続きを読む

定常型社会―新しい「豊かさ」の構想

定常型社会―新しい「豊かさ」の構想

経済不況に加え、将来不安から閉塞感をぬぐえない日本社会。理念と政策全般にわたる全体的構想の手掛かりは何か。進行する少子高齢化のなかで、社会保障改革はどうあるべき...

続きを読む

 
経済成長神話の終わり 減成長と日本の希望

経済成長神話の終わり 減成長と日本の希望

「日本復活のカギは新しい経済成長戦略にある」という政府の物語は、民主・自民問わずいまでもあまり変わらない。しかし、かつては有効だった「経済成長することはよいこと...

続きを読む

成長なき繁栄―地球生態系内での持続的繁栄のために

成長なき繁栄―地球生態系内での持続的繁栄のために

今世紀末までに我々の子や孫は、きびしい気候や資源の枯渇、動植物の生息地の破壊、種の減少、食料不足、人口の大量移住に直面し、ほぼ確実に戦争が各地で起きることを経験...

続きを読む

 
幸福度をはかる経済学

幸福度をはかる経済学

最新の計量分析の手法を用いて幸福度を計測する「幸福の経済学」の主な成果と新しい展開をまとめた研究書。 偏った印象論で幸福を語るのではなく、パネルデータと要因分析...

続きを読む

「縮小社会への道」原発も経済成長もいらない幸福な社会を目指して

「縮小社会への道」原発も経済成長もいらない幸福な社会を目指して

経済成長への執着を捨てない限り、社会の破滅は免れない。本書では、縮小社会という理念を、社会システムおよび経済活動のスタイルとして確立し、経済活動や技術開発活動な...

続きを読む

 
「自給再考」グローバリゼーションの次は何か

「自給再考」グローバリゼーションの次は何か

みどりと水、農地と食べ物は、かけがえのない地域資源の循環利用と再生産の産物であり、食べ物の安全・安心は、社会の相互信頼を基本に成立している。今、私たちが考えるべ...

続きを読む

99%のための経済学」教養編: 誰もが共生できる社会

99%のための経済学」教養編: 誰もが共生できる社会

所得・健康・教育などの格差拡大、自殺者・孤独死の数の高止まり...。一握りの富裕層に所得を集中させ、圧倒的多数の人々の暮らしを破壊する、現代固有の政治的景気循環...

続きを読む

 
藻谷浩介さん、経済成長がなければ僕たちは幸せになれないのでしょうか?

藻谷浩介さん、経済成長がなければ僕たちは幸せになれないのでしょうか?

経済成長と生活の豊かさを問い直す。 『デフレの正体』著者と、気鋭のコミュニティデザイナーによる珠玉の対談。 (amazon.co.jpより)...

続きを読む

資本主義という謎

資本主義という謎

なぜ西洋で誕生したのか?なぜ支配的なシステムになりえたのか?―経済事象のみならず、私たちの生き方をも規定している資本主義。その本質について、一六世紀からの歴史を...

続きを読む

 
人口減少時代の大都市経済 ―価値転換への選択

人口減少時代の大都市経済 ―価値転換への選択

大都市はどこから来て、どこへ行くのか? 国際化、ビジネスモデルの転換、財政政策の転換、人生の再設計など、未だかつて経験したことのない巨大な環境変化に直面する日...

続きを読む

みんなで決めた「安心」のかたち

みんなで決めた「安心」のかたち

ホットスポットで築かれた〈信頼〉 東京の東側におけるカルチャーの発信地であり、ベッドタウンとしても発展を続けてきた千葉県柏市。その暮らしやすさの背景にあったのが...

続きを読む

 
人々の声が響き合うとき

人々の声が響き合うとき

「合理的無知」「説得産業による印象操作」に支配された現行の世論調査では真の民意は諮れない。本書は、熟議にもとづく民主主義理論を展開し、また熟議の質を高める条件を...

続きを読む

実践!交渉学 いかに合意形成を図るか

実践!交渉学 いかに合意形成を図るか

二人以上の人間が、未来のことがらについて、話し合いで取り決めを交わすこと―「交渉」をそう定義するなら、身の回りの問題から国際関係まで、使われる場面はとても多い。...

続きを読む

 
合意形成学

合意形成学

現代社会には、気候変動やテロのようにグローバルな問題、またダムや発電所などの建設をめぐる地域の問題に加え、感染症など社会生活に広く影響する問題があふれている。こ...

続きを読む

人口減少社会という希望 ―コミュニティ経済の生成と地球倫理

人口減少社会という希望 ―コミュニティ経済の生成と地球倫理

私たちが直面しつつある「人口減少」問題は、悲観すべき事態ではなく、むしろ希望ある転換点、真に豊かで幸せを感じられる社会への格好の入り口ではないのか。明治維新以降...

続きを読む

 
共生経済が始まる―人間復興の社会を求めて

共生経済が始まる―人間復興の社会を求めて

Foods(食糧)・Energy(エネルギー)・Care(介護・ケア)という基本的生存権を守ることこそが、社会の最大の使命である―市場原理主義に警鐘を鳴らし続け...

続きを読む

『成長の限界―人類の選択』

『成長の限界―人類の選択』

  1972年に刊行された『成長の限界』、1992年の『限界を超えて』に続く、シリーズ第3弾です。システム・ダイナミクス理論を用いて、「このまま人口も経済も拡大...

続きを読む

 
GNH(国民総幸福)みんなでつくる幸せ社会へ

GNH(国民総幸福)みんなでつくる幸せ社会へ

  3.11は、私たちに「本当に大事なのは何か?」を考えさせる大きなきっかけともなりました。そして、GDPで測られる経済の大きさやその成長ではなく、国民の幸せを...

続きを読む

こんなに働いているのに、なぜ会社は良くならないのか?

こんなに働いているのに、なぜ会社は良くならないのか?

  日本の社会や企業など組織を覆う閉塞感はどこから来ているのでしょうか? 著者の森田さんは、硬直化している組織とは、『いま、その場で感じていることを言えない組織...

続きを読む

 
学習する組織

学習する組織

  世界で100万人以上に読まれ、20世紀の経営を変えた戦略書の一つとして評価されるピーター・センゲの『The Fifth Discipline』の2006年刊...

続きを読む

つよい子を育てるこころのワクチン

つよい子を育てるこころのワクチン

  著者は、アメリカ心理学会会長も務めた「理論と実践の研究者」として有名な心理学者。うつの予防策として認知療法を取り入れた、子どもを対象とする"心のワクチン"プ...

続きを読む

 
経済成長って、本当に必要なの?

経済成長って、本当に必要なの?

  「なぜ幸せな国は幸せで、不幸な社会は不幸なのか?――その構造がわかる。政治家・経営者・次世代・すべての人にとっての必読書!」と帯に書かせてもらいましたが、こ...

続きを読む

急に売れ始めるにはワケがある~ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則

急に売れ始めるにはワケがある~ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則

  邦題はマーケティングか営業戦略部門向けの本のようですが、原題は、「The Tipping Point: How Little Things Can Make...

続きを読む

 
スモール イズ ビューティフル

スモール イズ ビューティフル

  私が山のように(川のように?)下線を引きながら何度も読んでいる本です。経済学とは本当は何なのか、幸せって何なのか、技術はどうあるべきなのか......とても...

続きを読む

 
GDP追求型成長から幸せ創造へ

GDP追求型成長から幸せ創造へ

 現在、日本を含め世界中で「幸福度など経済成長以外のものを指標として求める動き」などが起こっています。さまざまな意味で「このままではだめだ」「何か違う」という思...

続きを読む

シェア〈共有〉からビジネスを生みだす新戦略

シェア〈共有〉からビジネスを生みだす新戦略

カーシェアリング、ルームシェア、シェアハウス。ここ数年のうちに、日本でも「シェア=共有」というスタイルがかなり浸透してきました。本書は、これまでの大量消費型の経...

続きを読む

 
「人口減少経済」の新しい公式―「縮む世界」の発想とシステム

「人口減少経済」の新しい公式―「縮む世界」の発想とシステム

「人口減少」「経済縮小」と聞くと、マイナスのイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。しかし、「人口減少自体は悪いものではなく、適切に対処すればもっと豊かにな...

続きを読む

資本主義卒業試験

資本主義卒業試験

『絶望に効く薬』に取り上げてもらったことから"仲間"であることを発見した漫画家・山田玲司さんが小説(漫画付き!)の形を取りながら、経済成長せざるを得ないこの社会...

続きを読む

 
手ごわい問題は、対話で解決する

手ごわい問題は、対話で解決する

困難な問題は、多くの場合、解決の糸口が見つけられずに行き詰まってしまうか、力によって強引に解決されてしまいます(本当の解決にはなりません)。そうではなく、問題に...

続きを読む

逝きし世の面影

逝きし世の面影

江戸時代末期から明治に日本を訪れた外国人の目に映った日本の姿を通して、近代化の中で日本が何を失ったのかを鮮明に浮かび上がらせてくれます。欧米人たちが口を揃えてそ...

続きを読む

 
半農半Xの種を播く

半農半Xの種を播く

今や世界にも知られるようになりつつある、これからの生き方「半農半X」。その基本的な考え方や実践を、楽しくわかりやすく伝えてくれる本です。自分や家族の食べ物を(全...

続きを読む

グローバル定常型社会--地球社会の理論のために

グローバル定常型社会--地球社会の理論のために

「環境-福祉-経済」、「市場(私)-政府(公)-コミュニティ(共)」という視座で、経済成長に頼り続けない「定常型社会」とはどのようなものか、どのように移行してい...

続きを読む

 
豊かさとは何か

豊かさとは何か

「日本の社会は、経済成長の楽しみ以外に、それに代る社会の幸せや、豊かさの哲学を持っていない社会なのだ」――お金とモノはあふれても、時間を奪い取られ、貧富の差は広...

続きを読む

Prosperity Without Growth: Economics for a Finite Planet

Prosperity Without Growth: Economics for a Finite Planet

「経済成長のジレンマ」で説明した、「Growth is unsustainable(経済成長は持続不可能)」「 De-growth is unstable(脱経...

続きを読む

 

Page Top