次へ 前へ

アムステルダム、共有型経済への重要な一歩を踏み出す

2014.03.28
日本 世界

(COLLABORATIVE CONSUMPTIONより) 消費者の価値観が所有からモノへのアクセスに移行する新たな経済モデル、共同消費(collaborati...

続きを読む

幸せ経済社会研究所 主宰 「幸せ経済社会研究会」会員募集のご案内
レスポンシブル・エコノミーを考える supported by パタゴニア

Quotational phrase

どういうわけか、私たちは、成長することだけが経済の目的だと考えるようになっている。だが、成長は目標でも目的でもない。成長を無限に追い求めることは自殺行為だ。

デヴィッド・スズキ(環境活動家)

参考図書&リンク

参考図書

幸福の政治経済学―人々の幸せを促進するものは何か
幸福の政治経済学―人々の幸せを促進するものは何か

・2011年6月27日開催 第1回「幸せ経済社会研究会」の音声ファイル(MP3)および配付資料(PDF)を販売しております。詳細は以下をご覧ください。 【音声...

続きを読む

参考リンク

Wikiprogress
Wikiprogress

経済協力開発機構(OECD)が運営する、社会・環境・経済の進歩に関する情報共有のためのグローバルなプラットフォーム。第3回OECD世界フォーラム(2009年、韓国・釜山にて開催)で発表された。進歩に関する記事や指標、書籍、イベントなどの情報や、国別のデータなどが閲覧できるほか、誰でも参加できるオンライン上のコミュニティもある。

e's イーズ 未来共創フォーラム

Page Top