次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

(Sharableより)

共有(シェア)について情報を発信しているSharableは2017年7月17日付けの記事で、カナダのケベック州で行われた小学生による参加型予算プロジェクトを紹介しています。

このプロジェクトでは、コミュニティセンターが確保した予算について、近隣の3つの小学校が共同で使い方を検討し、内容を決定しました。具体的には各学校ともそれぞれ4~5人の代表児童を選出し、半年間はそれぞれの学校でアイディアを出し最終的な候補を決定した上で、次の半年間は3校の代表児童が月に1度会議を行いました。最終的には2,000ドルの予算で「バブルサッカー」というユニークなサッカーゲームの道具を購入することを決定し、実際の購入作業まですべて子どもたちだけでやり遂げました。

このプロジェクトを指揮したカナダ政府機関職員フィオナ・ダギッド氏によると、3校は校内システムも所属する機関も異なるため、代表児童の選出や校内での候補決定はそれぞれ異なるやり方で行ったものの、3校の協力はすばらしかったということです。子どもたちは会議で順番に議長を務めた経験から、議長職とは権利の行使ではなく、全員の声に耳を傾けて会議を円滑にすることであると学びました。他にもコミュニケーションスキルや協調性、自信など子どもたちが得たものは大きかったと言います。

ダギッド氏はこうしたプロジェクトには、各学校にそれぞれ、プロジェクトに時間とエネルギーを注いでくれる熱心な大人が存在することも大変重要であると述べています。

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

日時:10月25日(水)18:30〜

会場:東京都渋谷区道玄坂

●課題図書
『地域に希望ありーまち・人・仕事を創る』(著:大江 正章)

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

有限の世界で、幾何級数的な成長が永遠に続くと思っているのは、狂人かエコノミストのどちらかだ。

ケネス・ボールディング(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)
未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

2035年、首都圏も高齢者が激増!「日本を救う処方箋」も本書で提言。 著者略歴(「BOOK著者紹介情報」より) 河合/雅司1963年、名古屋市生まれ。産経新聞社...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
POZI

Page Top