次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

米ウォルマート、2025年までに鶏卵サプライチェーンのケージフリー化へ

Image by woodley wonderworks Some Rights Reserved.

(ウォルマート・ストアーズより)

米国アーカンソー州ベントンビル発―ウォルマートとサムズクラブの米国法人各社は2016年4月5日、米国内で販売する鶏卵のサプライチェーンを、2025年までに採卵鶏飼育でケージを一切使用しない「ケージフリー」にするという目標を発表しました。

ウォルマートは2001年以来、消費者に対する選択肢の一つとして米国内店舗でケージフリー鶏卵を販売しています。今回の動きは、自社サプライチェーンに存在する家畜動物について、アニマルウェルフェア(動物福祉)で国際的にも認知されている「5つの自由(※)」の達成に向け、同社が前進し続けていることを裏付けています。

今回発表された目標の主な内容には、2025年までの完全ケージフリー化のほか、全ての殻付鶏卵サプライヤーによる鶏卵生産者連盟(United Egg Producers)の「飼育ガイドライン(Animal Husbandry Guidelines)」または同等基準への完全遵守の義務化、第三者によるサプライヤーの遵守状況の年次モニタリング、産卵鶏の健康・ウェルフェア向上を目的とする選択飼育・イノベーション・最善管理事例の導入をサプライヤーに対して要求すること、サプライヤーによる継続的改善活動のモニタリング・報告などが盛り込まれています。


※注記:5つの自由 ①飢餓と渇きからの自由、②苦痛、傷害又は疾病からの自由、③恐怖及び苦悩からの自由、④物理的、熱の不快さからの自由、⑤正常な行動ができる自由
参考資料:農林水産省「アニマルウェルフェアをめぐる国内外の動き」
http://www.maff.go.jp/j/chikusan/sinko/pdf/aw_meguzi201406.pdf

「定常経済」を考える supported by 公益財団法人 旭硝子財団

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!

幸せ経済社会研究所主宰「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

Quotational phrase

有限の世界で、幾何級数的な成長が永遠に続くと思っているのは、狂人かエコノミストのどちらかだ。

ケネス・ボールディング(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

スミス先生の道徳の授業 ―アダム・スミスが経済学よりも伝えたかったこと
スミス先生の道徳の授業 ―アダム・スミスが経済学よりも伝えたかったこと

木暮太一氏推薦! 「変化の速い時代にこそ、古典から学ぶ普遍的原則が武器になる。何が世の中を動かしているのか、ぼくたちは何を目指して働くべきなのか、ぼくはスミス...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー

Page Top