次へ 前へ

世界・日本の幸せニュース

先進国の子どもと持続可能な開発目標:日本の格差問題が浮き彫りに

Building the Future - Children and the Sustainable Development Goals in Rich Countries
https://www.unicef-irc.org/publications/pdf/RC14_eng.pdf

(国連児童基金より)

国連児童基金(ユニセフ)は2017年6月、先進国41カ国の子どもを対象とした報告書「未来を築く:先進国の子どもたちと持続可能な開発目標(SDGs)」を発表しました。報告書では、国連が掲げる17のSDGsのうち、10*の目標を取り上げて調査、ランキングしています。

報告書から、先進国の子どもの平均5人に1人が貧困に陥っていることや、若者の平均13人に1人が就労や就学せず、職業訓練も受けていない、いわゆる「ニート」の生活をしていること、少なくとも10人に1人は日常的にいじめを受けていることなどがわかりました。

日本は、飢餓の撲滅では41カ国中1位、雇用では40カ国中1位となったほか、健康は40カ国中8位、教育は41カ国中10位などで上位グループに入っています。しかし、深刻な問題も浮き彫りになりました。若者の自殺率が37カ国中26位となり、精神面での健康が懸念されます。格差は41カ国中32位。社会経済的背景における読解、数学、科学の習熟度の差が39カ国中26位ということから、家庭環境によって学力の差が生じていることが見て取れます。持続可能の項目では37カ国中36位で、学生が環境問題に関心が低いことも明らかになりました。

*1.貧困撲滅、2.飢餓撲滅、3.健康と福祉、4.教育、5.ジェンダー平等、8.雇用、10.格差是正、11.住みやすさ、12.持続可能な生産と消費、16.平和と公正

「定常経済」について考える
幸せ年表
インタビュー
エダヒロの「幸せへ!」コラム

幸せ経済社会研究所 主催「幸せと経済と社会について考える読書会」のご案内

【参加者募集中】  
日時:8月31日(木)18:30〜21:00
会場:東京都渋谷区道玄坂

●課題図書
サピエンス全史(上・下)文明の構造と人類の幸福』(著:ユヴァル・ノア・ハラリ)

過去の読書会の音声講座も販売しています。

 

Quotational phrase

有限の世界で、幾何級数的な成長が永遠に続くと思っているのは、狂人かエコノミストのどちらかだ。

ケネス・ボールディング(経済学者)

参考図書&リンク

参考図書

半市場経済 成長だけでない「共創社会」の時代
半市場経済 成長だけでない「共創社会」の時代

競争原理の市場経済に関わりながらも、より良い働き方やより良き社会をつくろうとする「半市場経済」の営みが広がり始めている。志と価値観の共有が働くことの充足感をもた...

続きを読む

参考リンク

幸せアライアンス
幸せアライアンス

幸せアライアンスはシアトルを拠点とする市民団体で、ブータンのGNH(国民総幸福量・Gross National Happiness)を元に、コミュニティや自治体、大学、企業でも使えるよう独自の国民総幸福度指標を開発し、多くの人々が使える指標づくり、調査、発表などの活動を行っている。
※同幸福度指標調査は日本語版もあります
http://survey.happycounts.org/survey/directToSurvey

エダヒロの100人に聴く「経済成長についての7つの質問」 あんな人や、こんな人にも!
e's イーズ 未来共創フォーラム
イーズ カレンダー
POZI

Page Top