注目の取り組み事例

ホーム > 注目の取り組み事例

「Fight for $15」最低賃金引き上げ運動

米国では最低賃金をめぐる動きが活発になっています。2016年になって、カリフォルニア州とニューヨーク州で最低賃金を時給15ドルに段階的に引き上げることが決定しま...

 
地域経済を潤す協同組合の支援に乗り出したカリフォルニア州バークレー

(Yes! Magazineより) 米国では地域の経済を活性化につなげようと、自治体が協同組合を支援する活動が広まっています。最近では、カリフォルニア州バークレ...

 
「飢え」と「食品ロス」の問題を解決するデイリーテーブル

2015年6月4日、米国のボストン市ドーチェスターの住宅地域にデイリーテーブル第1号店がオープンしました。デイリーテーブルは非営利の小売店で、コミュニティにおい...

 
地産地消で低所得世帯も地域経済も健康に――ミシガン州の「ダブル・アップ・フード・バックス」プログラム

米国では、貧しい家庭が健康的な食生活を送れるよう支援する取り組みが進められてきました。その成功例の一つが、ミシガン州の「ダブル・アップ・フード・バックス(Dou...

 
パリ市の参加型予算:「住民による住民のための」市の予算の使い方

パリ市では「参加型予算」という制度を2014年から2020年にかけて実施中です。パリ市の参加型予算は、住民から「こんなことに市の予算を使って欲しい!」というアイ...

 
市民による市民のための借金救済、「ローリング・ジュビリー」プロジェクト

米国で経済的格差に抗議してウォール街を占拠したデモを発端に、格差の解消に向けたユニークな活動が生まれました。医療や教育といった基本的ニーズを満たすのに借金に追い...

 
英国:「食料貧困」と「自己実現」に取り組むコミュニティ・ショップ

(コミュニティ・ショップのサイトより) 2013年12月に英国のサウス・ヨークシャー、ゴールドソープに第1号店が開店したコミュニティ・ショップは、現在、英国中で...

 
自分たちの食料雑貨店を作って所有しよう!――長年、食料難民だった米国ノースカロライナ州グリーンズボロの人々の試み

(YES! Magazineより) *この記事は「新たな経済週間(みんなの役に立つ経済の構築をめぐる5日間の話し合い)」の一環として発表されたものです。この日の...

 
スローマネー(アップデート)

<スロー・マネー運動とは> 「スロー・マネー」は米国でブームになっている、地元の小規模な食料業者への投資を呼びかける運動で、これまでに3,900万ドル(日本円で...

 
農業を超えた「地域に支えられた農業(CSA)」のモデル――コミュニティを支える4つの方法

(Yes! Magazineより) 1980年代にマサチューセッツ州の西部で「地域に支えられた農業 (Community Supported Agricultu...

 
経済学を見直そう!――リーマンショック後の経済学を変える世界的ネットワークの広まり

経済危機をきっかけに、これまでの経済学の学び方を見直す動きが世界各地で広がっています。その一つが、2013年に英国の経済学の学生や思想家らが立ち上げた団体「経済...

 
スペインのモンドラゴン協同組合企業

最近、新しい働き方として労働者協同組合が紹介されることが増えています。労働者協同組合が、一般の企業と異なるのは、働き手は誰かに雇われているのではなく、自分たち自...

 
2つのベーカリーによる心温まる取り組み

(Triple Punditより) 国連機関と民間会社が共同で主催するソーシャル・イノベーション・サミットは年2回、ニューヨーク市とシリコンバレーで事業改革や社...

 
スローマネー

(Philanthropic Intelligenceより) 「スローマネー」は米国でブームになっている運動です。アントレプレナー誌(Entrepreneur ...

 
ギリシャに広がる共生経済:地域通貨TEM

TEMとは、2010年にギリシアの港町Volosで始まった地域通貨です。 TEMという名前の由来は、ギリシャ語の"topiki enallaktiki mona...

 
全米の大学から食品ロスをなくせ! ~それは大学生の気づきから始まった~

米国で、大学から食品ロス(まだ食べられるのに捨てられてしまっている食品)をなくそうと動き始めた3人のメリーランド大学の学生たちの活動が、全米の大学に広がる運動へ...

 
花束を抱えて電車に乗ると運賃が無料に! 人口減少時代にも活力ある都市を目指す富山市の取り組み

※JFS ニュースレター No.131 (2013年7月号)より転載※ http://www.japanfs.org/ja/join/newsletter/pa...

 
トランジッション・ラボ、新しい経済の次世代を育成?

ポストカーボン研究所は「レジリアンス」というサイトで、贈与経済、事業、レジリアンスの構築が組み込まれた、若者との素晴らしい実験について述べる、トランジッション・...

 
勤務時間と給料、どちらを選ぶ?~カリフォルニア州アマドール郡の事例~

米国カリフォルニア州アマドール郡が2009年にやむなく導入した勤務制度が思わぬ結果をもたらした、ということで注目されている。 2009年、財政難の州政府による州...

 
足立区地域のちから推進部 地域の絆を結び、孤立を防ぐ

※JFS ニュースレター No.129 (2013年5月号)より転載※ http://www.japanfs.org/ja/join/newsletter/pa...

 
日本のトランジション・タウンと地域のエネルギー自立にチャレンジ「藤野電力」

※JFS ニュースレター No.121 (2012年9月号)より転載※ http://www.japanfs.org/ja/join/newsletter/pa...

 
「ないものはない」~海士町に学ぶ地域再生の取り組み

※JFS ニュースレター No.118 (2012年6月号)より転載※ http://www.japanfs.org/ja/join/newsletter/pa...

 
滋賀県甲良町のGNHを感じる町づくり

※JFS ニュースレター No.117 (2012年5月号)より転載※ http://www.japanfs.org/ja/join/newsletter/pa...

 
Case.1

「半農半X」

~小さい農のある暮らしをベースに、やりがいのある豊かな人生を~

「半農半X」

「半農半X」というライフスタイルが、近年注目されています。これは、京都府綾部市在住の塩見直紀氏が1990年代半ば頃から提唱してきたライフスタイルで、自分や家族が...

 

Page Top